産後の尾骨痛に悩むママたちへ – もう心配は無用です。尾てい骨の痛みは【産後骨盤矯正】で治ります。

仙骨と尾骶骨の解剖学的イラスト

産後の尾骨痛は、出産されたママたちの厄介な悩みの一つです。教科書通りになかなか治らない尾骨痛ですが、安心してください。数々の尾骨痛を治療してきた実績のある施術方法が存在します。ただし、尾骨痛にはいくつかの種類があるため、一つずつ丁寧にご説明していきます。

当院では、あなたの尾骨痛のタイプと症状に合わせて、個別化された施術プランをご提供します。多くのママたちが産後に経験するこの尾骨痛、その原因と解決策、そして当院の治療法について具体的に説明します。あなたも安心して、尾骨痛からの解放できるように、私たちは全力でサポートします。

目次

尾骶骨(びていこつ)とは?

脊柱の一番下にある小さな骨で、人類が進化する過程で不要になった尻尾の骨の名残りです。 この骨はとても小さいですが、出産時に骨折したり痛めることが稀にあります。 自然に治るケースも多いですが、何年経っても痛みが続く場合の後遺症も存在し、これが非常に厄介で悩ましい症状となっています。

痛みの原因

1:骨折

尾骶骨の骨折は非常に稀ですが、強烈な痛みを引き起こします。出産時に骨折する可能性があるとは思えないかもしれませんが、骨盤の形状、仙腸関節の角度、尾骶骨の位置によっては産道に食い込む形になることもあります。その結果、出産時に尾骶骨にひびが入る場合があります。

骨折後の対処法

骨折した後の主な対処法は、自然に骨が修復するのを待つしかありません。この期間は約一ヶ月ほどで、その間、立つ、座るといった動作が非常に苦痛です。そのため、授乳時などはドーナツクッションを使用して、尾骶骨に負担をかけないよう工夫しましょう。

後遺症と次の出産への注意

骨折が完全に治癒した後でも、痛みが後遺症として残る場合があります。さらに、次回の出産でも同じ症状が起きる可能性があります。主な原因は尾骶骨が産道に食い込む形になること、そして赤ちゃんの頭のサイズや骨盤の柔軟性などが複合的に関係しています。次回の出産時には、仙骨が後方に開く横向きや四つん這いの体位を試してみると、多少の予防効果が期待できます。是非、次回の出産時は助産師さんにご相談ください。

2:尾骶骨の後方変位(座る姿勢で痛みが出る)

出産時に骨盤が開くメカニズムは複雑で、骨盤の上部にある仙腸関節、恥骨結合部、そして骨盤の底部に位置する坐骨と仙骨が動きます。ただし、人によって骨盤の形状が異なるため、すべての人が同じように骨盤が開くわけではありません。

特に、一部の人々は仙骨が後方に変位する場合があります。この状態が起きると、尾骶骨が座る面に物理的に接触し、授乳時の姿勢などで打撲痛のような痛みを感じることがあります。この痛みは、立っている状態や正座では感じにくいですが、体育座りや胡坐といった特定の座り方で顕著になる場合が多いです。

3:尾骶骨周辺部の炎症(立ったり座ったりの動作で痛みが出る)

尾骶骨の痛みは特に、産道が狭い人や尾骶骨が長い、仙骨の角度が特定の形状の人に多く見られます。このような症状は日常生活に大きな支障を与える場合があります。

出産時には、赤ちゃんが産道を通過する際に骨盤が開くことで、尾骶骨につながっている筋肉や靭帯が引き延ばされることがあります。この過程で筋肉や靭帯に肉離れのような損傷が生じ、炎症を引き起こす場合があります。初期の対処として患部を冷やすことが推奨されますが、すべての人に効果があるわけではありません。

尾骶骨は一見何も機能していないように見えますが、立つ、座るといった基本的な動作で痛みが顕著になることがあります。この痛みは、尾骶骨がかつて人体に果たしていた未知の機能に関連しているのかもしれません。

対処法

当院では、骨折後の痛みや尾骶骨周囲の痛みに対して「トリガーポイント整体」「骨盤底筋矯正」が非常に効果的です。痛みの程度や損傷の状態には個人差がありますが、これまで治らなかったというケースはほぼありません。一回の施術で痛みが大幅に軽減する場合もありますので、どうぞ施術を楽しみにしてください。

さらに、「産後の骨盤矯正」によって後方に変位した仙骨の位置も調節可能です。これにより、座る姿勢での尾骨の接触が改善され、座る際に気を使う必要がなくなります。

お勧めは「産後骨盤矯正コース」になります。

体験談

私たちの整体院では、さまざまな産後の問題を抱えた女性たちをサポートしてきました。その一例をご紹介します。

あるママさんが産後の尾骨痛で来院されました。彼女は4人の子供の母親で、来院の目的は尾骨の痛みの治療ではなく、産後の骨盤矯正を通じて産前の体型に戻りたいとの希望でした。しかし、カウンセリング時に立ち話を希望され、その理由が尾骨の痛みであることを明らかにしました。

彼女の話を聞くと、2人目の子供(4900g)を自然分娩で出産した際に尾骨を骨折し、その後も2人の赤ちゃんを自然分娩で出産したそうです。その結果、4年以上もの間、尾骨痛に苦しんでいました。医療機関で診てもらったものの症状は改善せず、治ることを諦めていました。

当院で尾骨を触診すると、驚くべきことに、尾骨が動いていることが分かりました。これは骨折後にできた偽関節で、出産時の状況を思い起こすと驚愕するばかりです。私自身、一万人以上の臨床経験と、数百人の尾骨痛を抱える母親を診てきた中で、これほどの状況は初めてでした。

完全な治療を保証する自信はなかったものの、10回程度の施術を行った結果、彼女の痛みはなくなりました。これは、トリガーポイント整体と骨盤矯正の力を改めて実感した瞬間でしたね。

ホットペッパービューティーで予約する

関連情報のリンク集

  1. 産後の骨盤ベルトは意味がない?
  2. 産後骨盤矯正:効果を感じられず途方に暮れていた私
  3. 産後の体重は戻った。しかし、お腹が…..その本当の原因
  4. 産後に通った骨盤矯正でまさかの冷え性改善
  5. 産後骨盤矯正は<6ヶ月>まで・・・は嘘!
  6. 出産後に体重は戻ったのにまだお腹が出ている理由とその対策
  7. 産後の恥骨痛を解消!効果を実感する整体院のお話
  8. 【産後骨盤矯正の重要性と問題点】
  9. 「骨盤底筋矯正」で解決!産後の尿もれ・尿失禁から内臓下垂まで
  10. 【失敗しない産後骨盤矯正とは!】ニセモノと本物は何が違うのか?
  11. 【産後の尿漏れの悩みは骨盤矯正で解決!骨盤底筋トレーニングだけでは治らないその理由と体のメカニズム】
  12. 【産後ダイエット成功のカギは骨盤矯正!ベルトじゃダメ?放置はNG?間違いだらけの骨盤神話】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2006年から東京の自由が丘で整体院を開設して以来、私は数千人の出産後のママたちをサポートしてきました。皆様が健康と安心を取り戻す手助けをすることは、私にとって最も報われる仕事の一部です。

さらに、私自身も双子を含む三児の父親としての経験があり、これらの個人的な育児経験も治療に活かしています。家庭と職業の両方で得た知識を組み合わせることで、患者の皆さんに対してより包括的で理解のある治療を提供できると信じています。

私の目指すものは、臨床の現場で得た本物の情報を発信し、皆さんが健康で幸せな生活を送ることができるようサポートすることです。これからも、自由が丘の整体院で皆さんの健康と幸せのために、全力でサービスを提供してまいります

コメント

コメントする

目次