電話でのお問合せ
ご予約・お問い合わせ
03-3723-1321

受付時間 10:00~19:00(~17:00 土日祝)

【 産後の骨盤矯正 & 産後ケア 】平日赤ちゃん連れOK!

 

産後の骨盤矯正とは出産で開いた骨盤を閉じる専門の産後矯正です

 

産後に体操やダイエットなどさまざまな方法で体型を元に戻そうと頑張っても

骨盤が開いたままでは体重は戻っても体型までは戻りません

産後に太らなかったと喜んでいても将来的に太りやすい骨格になり、

次の子を産めばさらに骨盤は開き子宮脱などの臓器脱になる人もいま

す。出産以来、腰痛、肩こり、ひざ痛など痛みの慢性化する人もいます。

老後は骨盤底筋が緩くなりやすく、尿漏れなどのリスクが高まります。

 

2種類ある産後の骨盤矯正をまず知ろう!

<スタンダードな骨盤矯正>姿勢を戻す骨盤矯正

  • 骨盤の上下・左右・回旋や仙骨のズレ本来あるべき定位置からずれた骨盤のことで、生活習慣で歪む骨盤を矯正します。
  • お姉さん座りやペタンコ座りなどの正座を崩す
  • デスクワークなどで足を組む
  • 立ち仕事に圧倒的に多く片足に重心を寄せて立ってしまうこと。
  • 育児での片手抱きやスリングの偏った使用を継続して生活習慣の癖で左右のバランスが悪いこと。
  • 生活習慣が原因で継続的なメンテナンスが必要です

<産後の骨盤矯正>体型を戻す骨盤矯正

赤ちゃんが産道を通るときに開いた骨盤を産前に戻す矯正を行います。一度矯正で骨盤を閉じると、

次の妊娠出産まで骨盤は開くことほとんどないです。

失敗しない産後骨盤矯正のおすすめ!

  • 2つの骨盤矯正はどちらも重要でとても大切なことと考えています。
  • しかし、同業者の中には<スタンダードな骨盤矯正>を<産後骨盤矯正>と明記しています。悪意はないのかもしれませんがとても不親切です。

 

  • 例1 <出産後にゆがん骨盤を矯正する産後骨盤矯正>・・・骨盤のズレを正す骨盤矯正

 

  • 例2 <出産後に開いた骨盤を矯正する産後骨盤矯正>・・・骨盤の開きを閉じる骨盤矯正
  • とても似ている表現なのですが、施術方法も効果も全く違います。 あなたに何が必要かよく検討しましょう。
  • ※スタンダードな骨盤矯正では姿勢は良くなるものの体型までは戻すことができません
lp_07

 

産後骨盤矯正の適応範囲

 

骨盤の開き・ゆがみの矯正

出産・流産・死産などによる骨盤の開き

生活習慣が原因で立位や座位の癖によるゆがみ

育児や授乳による無理な姿勢が原因のゆがみ 腰痛や膝などの痛みからくる疼痛回避姿勢

仙骨・尾骨・恥骨・股関節などの痛み

痛み・ゆるみ・仙腸関節の可動不全など

妊娠出産時の尾骨の痛みや骨折後の慢性痛

妊娠期から出産による恥骨の痛みや離開やズレ

出産から育児期の股関節の痛みや可動不全など

尿漏れ・便漏れ・内臓臓器脱・エア漏れ・お湯漏れなど

妊娠中や出産時の骨盤底筋群のダメージによる症状。

吸引分娩やお腹の押圧、お産に時間がかかった場合ダメージが大きく、高齢出産の人ほど治るのに時間が要する。

体質によっては帝王切開でもなります。


産後ケア(産後の整体とは?)

  • No.1は腰痛ケア

    寝起き・抱っこ・授乳姿勢・おむつ替え・抱っこで歩行。腰痛とはいっても痛みの出るシチュエーションはさまざまで対処方法が異なることもあります。

 

  • No.2 は肩こり・頭痛・首痛・背中の痛みケア

    授乳・抱っこ紐・スマホ・睡眠不足・睡眠姿勢など育児によるストレス。原因はわかっているのに避けようがないしんどい生活習慣が原因。

     

  • No.3はひざ痛のケア

    加齢によるひざ関節の劣化とは違うのですが、産後のひざ痛は相当多いです。出産と育児両方が原因なのですが慢性化して育児に支障をきたします。産後のひざ痛はよくなる安心してください。

 

  • No.4は慢性的な疲れによる疲労の蓄積のケア

    特に痛みもなく一見すると健康。これは西洋医学では<健康>東洋医学では<不健康>な状態で病気ではないにしろQOLが著しく低下している状態です。

平日なら赤ちゃんを連れて来院OK!

 

  • 2006年に自由が丘で開院して以来多くのママ達ご利用いただき、産後の骨盤矯正コースだけでも延べ8000人を超え口コミやご紹介などで1000~2000人はご来院いただいています。

 

  • 整体やカイロプラクティックがはじめての方でも安心です。

 

  • 【産後骨盤矯正】は人気でおすすめのコースになっています。

 

  • お子様を預けられない方もご安心で通えますが、子連れのママが多くにぎやかな整体院です。 子育てママ(パパも・・)を専門家の立場から応援しています。

 

  • 育児期の体のケアをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

 

  • ※ママ専用サロンではないのでパパは整体でママは産後ケアなど赤ちゃんも一緒にご夫婦で通うことも可能です。バウンサーやお着換えのご用意もあり、授乳やおむつ替えも可能です。(ベビーカーの場合は施術ベットの横に置くことができます)

産後の骨盤矯正はいつから
するのが良いのか?

産後1カ月後〜でOKです。

目安の時期は子宮の収縮です。

子宮が戻る前ももちろん矯正可能ですが

子宮収縮前は最適ではない。

グラグラしたり恥骨に痛みがある場合は

産後すぐでもOKです

そんなに早くから来院できる人は少数です。

(特に初めての育児のママ)

早めに産後骨盤矯正をおすすめしたい方

出産後に骨盤がグラグラしている。

妊娠中や産後に尿漏れがある。

子宮脱や下垂、痔や便漏れ。

産後の腰痛・恥骨痛・尾骨痛など骨盤の痛み

いつまで産後骨盤矯正が可能か?

産後1年・3年・5年・10年以上?

何年たっても必ず戻せます。

産後骨盤矯正をぜひ試してみてください。

産後6カ月を過ぎて骨盤が固まり矯正不可能と言われる話は嘘ですから大丈夫です

産後の骨盤矯正の効果

1. お尻が小さくなる(骨盤の開きを矯正)
2. お尻の形が変わる(骨盤のゆがみを矯正)
3. 痩せたり冷え性が改善することもある
4. 腰痛の改善や予防に効果的
5. 恥骨痛、股関節痛、尾骨痛、骨盤痛が改善する
6. 子宮、膀胱、直腸など臓器脱や下垂の改善や予防
7. 尿漏れ、お湯漏れ、エア漏れ、失便の改善や予防
8. 出産後の痔、便秘の改善や予防
9. 二人目不妊の予防(不育症や着床不全)
10.出産後の体型を戻す。

  • 産後に体重が戻っても産前のパンツやスカートがきつかったり履けなかったりするのは骨盤が開く典型的な例です。産後の体重が戻るのと産後の体型が戻るのが違います。

Case1
:産後、体重は戻ったのに産前のジーンズがはけない

(体型が戻らない)

  • 出産により骨盤が大きく開き産後に体重が戻ってもジーンズが履けない!
  • 無理やりジーンズを履いてもチャックが閉まらないボタンが閉まらないダイエットだけではどうにもならないのが出産後の骨盤の開き。
  • 【産後骨盤矯正】後は、骨盤も閉まり体重さえ元にもどれば再び産前のジーンズがはけるようになるものです。

Case2
妊娠中からの尿漏れが産後もまだ治りません

  • 産後の尿漏れを治すには一般的には体操が有効とされています。
  • 助産師さん、婦人科医や泌尿器科医などにすすめられてご存じの方も多いです。他に尿漏れ手術などもありますこれがいわゆる一般論でこの論理で改善することはあまりないのが現実です。
  • 尿漏れパッドは、年に20%以上売り上げが伸びている業界で儲かる商品に育っています。要するに、医療業界からは尿漏れはサジを投げられているのです。
  • 尿もれ対策にとても有効なのが産後専門の【産後骨盤矯正】です。

  産後の尿もれについて詳しくは→→→→

  • まだまだ尿漏れ治療としてはマイナーな方法であり一般的に認知はされていませんが私のところに来られている方で尿漏れに悩んでいる方の90%以上の方々は完治及び改善が早期に見受けられます。
  • 安易な手術に踏み切る前に、是非一度、ご検討してみてください。

Case3
産後の骨盤は自然に閉じると思っていた。

  • よく聞かれる話ですが、私も昔は信じていました!
  • <誤>開いた骨盤は徐々に閉まる。
  • <正>ホルモンの影響と出産で緩んだ骨盤が開き、骨盤が開いたまま徐々に硬くなる。
  • もしも、産前と産後に骨盤が変化がない人がいれば、それは出産時にあまり骨盤が開かなかっただけ!
  • 開いた骨盤が自然には戻るわけがないです。

Case4
産後骨盤矯正と産後骨盤ベルトとの
矯正は何が違うのですか?

  • 産後骨盤ベルトとの違いは明確です。
  • 産後の骨盤矯正は骨盤の開きを閉じつつも骨盤の関節をブロックしないことです。恥骨結合がロックするのは構いませんが、仙腸関節がブロックしてしまうと、短期的には腰痛や仙骨痛、恥骨痛などの骨盤痛を改善できますが、長期的には慢性的な腰痛や仙骨痛、綺麗に骨盤が閉じていればまだしも、骨盤がゆがんだまま固定化してしまうこともあります。ご自身で骨盤を確認するのはかなり難しく、専門家にバランスをとってもらうのが良いです。
  • 産後骨盤矯正は終わりの時期がきます。骨盤ベルトの使用は終わりが分からず、効果も実感しにくいです。特に夏などは蒸れて不快だし、トイレのたびにはずしたり、歩くとずれたり、帝王切開だと傷口が気になるし、とてもストレスです。だからと言って、骨盤ベルトの使用を止めるのも不安です。
  • 使ってもストレス、止めてもストレスな骨盤ベルトはとても大変です
  • 矯正期間が短く確実な産後骨盤矯正に対し、骨盤ベルトは使用期間が不明瞭。腰痛や恥骨痛など特にひどくなければ、
  • 産後骨盤矯正をすれば骨盤ベルトを止めてOK!
  • 産後骨盤矯正では緩んだ骨盤底筋群を引き締め、尿漏れや子宮下垂や脱の予防や改善もできる。骨盤ベルトで引き締めは期待できません。

その他、産後骨盤矯正の症例はこちら→→→→

産後の骨盤矯正のおすすめ

lp_05

 

産後の体型を戻すのは骨盤が最重要です。
骨盤が開き大きくなるので、太りやすい骨格になってしまう人がいる
産後に体重が戻っても体型は戻りません。

腰痛持ちにならないために

産後の歪みを残していたり、グラグラした骨盤で育児をして腰をひどく痛めたりすると慢性腰痛いわゆる腰痛持ちになる

老後のリスク回避(尿漏れや子宮脱など)

老後に子宮脱など内臓臓器脱になった人の中には出産で骨盤が開いたことが影響していると考えている方が多いです。一概に出産だけの影響でもないのですが、因果関係は十分に考えられると思います。
産後に弱った骨盤底筋群を放置すると将来尿漏れのリスクが高くなります。今現在、尿漏れが治っていたとしても妊娠中や産後に少しでも尿漏れ経験のある人は特に要注意です。

二人目不妊の予防のために

二人目不妊の予防に有効です。せっかく第一子に恵まれたのに次の子供がなかなかできない人が近年すごく増えている気がします。年齢を重ねて老いていくのが一番の原因ですが、ダメージを負った骨盤や体は少しでも回復させてほしいです。
出産後に骨盤体操や骨盤ダイエットなどの方法で産後の体型を元に戻そうと頑張っても肝心の骨盤が開いたままでは体重は戻っても体型まではもどりません。産後に太らなかったと喜んでいても将来的に太りやすい骨格になります。特に2人目3人目と生むと骨盤はさらに開きなかには子宮脱になる人もいます。
老後は骨盤底が緩くなり尿漏れなどのリスクが高まります。

他店との違い

  • もう14年ほど前になりますが、婦人科での治療で待望の第一子に恵まれとても喜び幸せを感じていた頃、子供ばかりに気がいきふと嫁の後ろ姿を見ると体重もさることながら、お尻の形が違う!
    仕事で骨盤矯正をしているのでさっそく妻の産後の骨盤を矯正し始めてがく然としました。

 

  • 当時はアメリカの大学で教えられる骨盤矯正を試していましたが(これが一般的なゆがみを矯正するスタンダードな骨盤矯正)、これが産後の開いた骨盤にまったく効果がないのです。

 

  • 出産でゆがんだ骨盤は矯正できるのですが、出産で開いた骨盤にはまるで無駄。

 

  • それから1年をかけ、臨床で出産を経験している骨盤と出産していない骨盤を100人位比較して解剖学書や骨格模型を参考に新しい骨盤矯正の理論と技が誕生しました。


    当院の骨盤矯正はあくまで私のオリジナルなのです。

    • 自信をもって約12年前に普通の骨盤矯正と産後の骨盤矯正はまるで違うと提唱し、専門の産後骨盤矯正コースを開設。今では紹介だけで1000人のママが来院するほどです。
    •  
    • 当院の産後の骨盤矯正は一度受けたら ママ友や夫に伝えたくなる骨盤矯正です。
    • まだ、骨盤矯正を試していない人、他店で効果を実感できていない人、ベルトやガードルだけで不安な人ぜひ一度当院の産後骨盤矯正を体感してください。


    関連ページ
  • こちらの産後骨盤矯正と他店の産後骨盤矯正なにが違うのですか?
  • 産後骨盤矯正の効果・費用・回数

 

 

 


産後の骨盤矯正  Q&A

Q  産後骨盤矯正はいつから通えますか?
A 産後一か月を過ぎればいつでもOKです

Q 産後骨盤矯正は何回位通えば良いですか?
A 5回〜10回位でOKです。来院ペースは1〜2週間に一度

Q 産後数年過ぎているのですが効果はありますか?
A もちろん効果はあります。期待してください。

Q 肩こりや腰痛が辛く一緒に診てもらえますか?
A もちろん骨盤と同時に治療していきますので、産後専門の整体をお試しください。時間が足りなければ+産後ケアもご用意しています。

Q 赤ちゃんを連れて行ってもよいですか?
A 平日と祝祭日に限らせていただいていますが、大歓迎です

Q 赤ちゃんが泣いたらどうすればよいですか?
A 施術ルームで授乳やおむつ替えなどできます。

Q 産後骨盤矯正は痛いですか?
A 矯正自体は痛くありませんが、症状がある場合は患部が痛く感じることもあります。

Q ボキボキしますか?
A ボキボキする骨盤矯正はしません。

Q 指名はできますか?
A もちろん可能です。予約時に申してください。

Q 帝王切開でも可能ですか?
A 帝王切開でも骨盤は開くので、ぜひ矯正しましょう。ただし、傷の痛みがなくなってからが良いでしょう。

Q 健康保険は使えますか?
A 残念ながら健康保険は使えません。


関連ページ

その他<Q&A>はこちらから→→→→


産後骨盤矯正で喜ばれている人

・産前のジーンズが産後にボタンが止まらなくなりましたが、数回で完璧に履けるようになりました。

・産後から骨盤がグラグラしていて歩いていてもフラフラする感じがすっかりなくなりました。

・一人目から増えた体重(+8kg)が半年で-2kgまで痩せました。

・数年前に産後骨盤矯正でお世話になりましたが、矯正してからしばらくしてどんどん体重が減った経験があったので今回の妊娠中にまたすぐ痩せると思い、二人目のほうが体重が増えてしまいましたが、おかげさまですぐに戻りました。

・産後一週間で恥骨が痛すぎてすぐにお願いしましたが、来院の時は歩くのも痛かったですが、帰りには痛みなく帰れるようになりました。 出産とは直接関係ないのですが、20年以上前からの冷え性が治り、今では寝るときに足を出して寝るほど体質が変わった感じがします。

・産後骨盤の開きはあまり気にしていなかったのですが、友人に勧められて来院、産後骨盤よりO脚が気になり合わせて施術していただきました。思っている以上の効果でビックリしました。気になっていた後ろ姿がスッとした感じです。

・骨盤が締まってすごくうれしかったのですが、実は尿漏れで悩んでいて漏れが治ったのがすごくうれしかったです。尿漏れになりにくい立ち方も指導していただき頑張って立ち方をマスターしたいです。

・妊娠中から痛かった腰が施術を受けてすっかり良くなりました。腰痛エクササイズも教えていただいたのですが、これがすごく効きます。あまりに簡単すぎてこんなので効果あるの?と思いましたが、毎朝起きると痛かった腰痛がまったくなくなりいまでも楽に継続しています。

・他店で10回以上も骨盤矯正を受けたのに全然ズボンが履けるようにならずに半信半疑で来院しましたが、一回でズボンが履けるようになり、他のサロンとは施術の技術も全然違うし説明がとてもわかりやすかったです。

・産後3年を過ぎて来院しましたが、体型を戻すことより二人目不妊に悩んでいて相談し冷えを治すことを中心に施術してもらいました。不妊と言っても私の場合は不育症なのであと少し骨盤内の血行が良くなるといい結果がでると思いますよと言われました。施術後すぐにおなかや下肢がぽかぽかしてきて、これは効きそうと思いしばらく継続して無事出産することが出来ました。


関連ページ その他、 体験談はこちら→→→→

 


ご予約・お問い合わせ

03-3723-1321

オンライン予約

〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-8-20 自由が丘第一ビル6F
平日 10:00~20:00  土・日・祝 10:00~18:00
定休日/不定休

ページの先頭へ