育児でひざが痛いのはなぜですか?  コンドロイチンでは治らない産後のひざ痛の解決策

<産後のひざ痛>

育児でひざが痛くなるのはあまり知られていないのですが、実に多くのママが悩んでいる症状です。

ひざが痛くなったママの感想は

・ひざが痛くなるなんて想像もしなかった!

・年寄みたいですごくショック!

・ヒアルロン酸やコンドロイチンを飲もうかしら?

・ひざ痛は治らないのでしょ?

・階段が上り下りがつらい!

・ひざが痛いときの対処方法は何ですか?

などといったさまざまな声が上がっています。

目次

産後のひざ痛の原因は筋疲労や炎症です。


ひざの痛みは炎症や筋疲労により、トリガーポイントの活性化が痛みの原因になっています。

適切なアプローチで短期間に改善することが多いのでご安心下さい。

ホットペッパービューティーからもご予約いただけます

<高齢者のひざ痛>

高齢者の膝痛とは原因が異なります。したがって、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどは必要ありません。高齢者の膝痛の主な要因は膝の軟骨の損傷や劣化、筋力の低下などの老化現象です。

<産後のひざ痛>

主な原因は育児による筋肉疲労です。育児では床に座る時間が増え、通常よりも立ったり座ったりする回数が増えます。また、スクワット抱っこなどで膝に負担が増える時期でもあります。出産後一か月以上経つと膝に疲労が蓄積し始め、それが痛みを引き起こします。

【体験談】産後にひざを痛め整形外科に三年通院するもまったく治らず来院。

産後に膝痛を感じ、整形外科に3年間通院していた患者さんがいました。出産後しばらくしてから膝が痛くなり、病院で治療を受けるようになりました。しかし、膝の痛みはひどく、常にテーピングを施し湿布を貼っていました。

体を動かすことが困難になり、運動不足と育児ストレスが重なって体重は10kg以上も増えてしまいました。さらに体重増加により膝の痛みは悪化し、治ることはありませんでした。

3年もの間、何時か治ると願い続けたものの、産後のケアを怠ったことが原因かもしれないと考え、産後骨盤矯正を受けることを決め、当院に来院しました。

この記事のおすすめコースは産後骨盤矯正コースです。

 

<骨盤とひざの痛みはあまり関係ない>

前述の通り、骨盤と膝痛は直接的な関連性はありません。しかし、長期間病院に通っていたことで、膝痛は治らないのではないかと思い始め、一生痛みを抱えて生きる覚悟をしていました。

それでも「もしかしたら骨盤矯正をすれば治るかもしれない」という希望を胸に当院に来院しました。膝のトリガーポイントを見極めて施術したところ、一度の施術で痛みが大幅に軽減しました。

施術を5回受けたところ、痛みはほとんど消えました。それでも、念の為、更に5回ほど月1回のメンテナンスを続けました。現在では、山登りができるほど回復しています。

この症例は極端なものであり、膝痛が一回で治る人もたくさんいます。しかし、育児真っ最中の方は再発することもあります。

私自身、治りが早すぎて驚いた一方で、全ての人がこれほど簡単に治るわけではないという現実も認識しています。

ホットペッパービューティーからもご予約いただけます

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2006年から東京の自由が丘で整体院を開設して以来、私は数千人の出産後のママたちをサポートしてきました。皆様が健康と安心を取り戻す手助けをすることは、私にとって最も報われる仕事の一部です。

さらに、私自身も双子を含む三児の父親としての経験があり、これらの個人的な育児経験も治療に活かしています。家庭と職業の両方で得た知識を組み合わせることで、患者の皆さんに対してより包括的で理解のある治療を提供できると信じています。

私の目指すものは、臨床の現場で得た本物の情報を発信し、皆さんが健康で幸せな生活を送ることができるようサポートすることです。これからも、自由が丘の整体院で皆さんの健康と幸せのために、全力でサービスを提供してまいります

コメント

コメントする

目次