電話でのお問合せ
ご予約・お問い合わせ
03-3723-1321

受付時間 10:00~19:00(~17:00 土日祝)

Q&A

アプリクーポン オンライン予約
Q

【育児の疲れ】を放置するとどうなるのか? 育児疲れのダメージとは..!

A

以下は育児による体への影響の一例です。

肩や首のこり・腕の痛み:抱っこや授乳、おんぶなどの動作により、同じ姿勢を長時間続けることが多いため、筋肉の緊張や疲労が生じ、痛みが生じることがあります。

 

腰痛:抱っこやおんぶ、背負子など、赤ちゃんを支える動作によって、腰への負担が増え、腰痛を引き起こすことがあります。

 

股関節痛:広げた足を支える姿勢が長時間続くおむつ替えや、抱っこなどの動作により、股関節に負担がかかり、痛みを引き起こすことがあります。

 

手首や指の痛み:赤ちゃんの持ち上げやお世話をする動作が多いため、手首や指に負担がかかり、痛みを引き起こすことがあります。

 

脱力感や倦怠感:夜泣きや授乳の頻度が多く、睡眠不足が続くことがあるため、脱力感や倦怠感を感じることがあります。

 

ストレスや不安:赤ちゃんの成長や健康、育児の悩みなどからストレスや不安を感じることがあります。

 

これらの影響を受けた場合、運動不足や不規則な生活、食事の偏りなどにより、更なる健康リスクが生じることがあります。定期的な整体、運動やストレス解消法の実践、バランスの良い食事などによって、健康維持に努めることが大切です。

 

育児疲れと不妊の関係