産後の【突発性難聴】には整体療法を強く勧める理由

産後の忙しさの中で、育児による姿勢不良やストレスが引き起こすことがある「低音障害型感音難聴」。原因は様々ですが、この状態には共通の敵、内耳リンパ水腫が関わっています。耳の奥深く、蝸牛という感覚器官でのリンパ液の循環がスムーズでないのです。リンパの流れを改善することが、この難聴の鍵を握っています。

目次

産後の突発性難聴とは?

産後や育児期の突然の聴覚障害:突発性難聴を完治する確率を上げる方法

産後や育児期に、多くのお母さんが突然耳の聞こえが悪くなるという経験をします。

それは突発性難聴と診断されることが多く、初めて聞く症状であることが多いです。

この状態は非常に深刻で、適切な対応をしなければ一生涯の後遺症が残る可能性があります。

 

しかし、整体療法に対しては「怪しい」「エビデンスはあるの?」といった疑問が投げかけられることもあります。保険の適用外であることや、治療効果についての懐疑的な見方も理解できますが、実は整体療法はこのような状態に対して重要な役割を果たすことができます。

 

病院でのステロイド治療は炎症を抑える効果がありますが、リンパ液の流れを改善するためには、整体療法も非常に重要です。整体療法はリンパの流れを促進し、内耳の圧力バランスを整えることにより、内耳リンパ水腫による症状の緩和に役立つのです。また、整体療法はストレスを軽減し、自律神経のバランスを整えることにも効果的です。

 

このように、ステロイド治療と整体療法の組み合わせは、内耳リンパ水腫に対する包括的なアプローチを提供します。ステロイドが炎症と浮腫に対処する一方、整体療法は全身の循環を改善し、ストレスを軽減します。この統合的な治療法により、患者さんの生活の質を向上させ、聴覚障害の改善に寄与できるのです。

 

突発性難聴は一時的な症状に見えるかもしれませんが、その影響は深刻で、適切な治療を受けることが非常に重要です。ステロイド治療と整体療法の併用は、この挑戦に対する有効な解決策となり得るでしょう。

お薦めの整体コ―スはこちら

【内耳リンパ水腫】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2006年から東京の自由が丘で整体院を開設して以来、私は数千人の出産後のママたちをサポートしてきました。皆様が健康と安心を取り戻す手助けをすることは、私にとって最も報われる仕事の一部です。

さらに、私自身も双子を含む三児の父親としての経験があり、これらの個人的な育児経験も治療に活かしています。家庭と職業の両方で得た知識を組み合わせることで、患者の皆さんに対してより包括的で理解のある治療を提供できると信じています。

私の目指すものは、臨床の現場で得た本物の情報を発信し、皆さんが健康で幸せな生活を送ることができるようサポートすることです。これからも、自由が丘の整体院で皆さんの健康と幸せのために、全力でサービスを提供してまいります

コメント

コメントする

目次