電話でのお問合せ
ご予約・お問い合わせ
03-3723-1321

受付時間 10:00~20:00(~18:00 土日祝)

女性におすすめ骨盤矯正

  • 骨盤矯正とは生活習慣で歪んだ骨盤を矯正します

    骨盤とは背骨の一番下にある逆三角形をした仙骨と後方で接し、左右の寛骨で構成されています。
    骨盤の位置的には、上半身と下半身をつなぐ中心的な骨で背骨の土台の役割をしています。
    特に女性の骨盤は男性よりも広く、妊娠や出産に適した構造になっており、生理をスムーズに行なう為に骨盤が閉じたり開いたりもしています。

    女性の骨盤はホルモンの影響や出産に適した構造で骨盤が歪みやすい

    どのような生活習慣が骨盤を歪ませているのか?
    ・正座を崩してすわる(横座り)
    ・座位で足を組む
    ・片足に重心をかけて立つ
    などが主な原因で骨盤に左右の傾斜やねじれ、前後の傾斜などが診られます。
    男性には骨盤の歪みは少なく、主に骨盤矯正は女性を対象としています。・冷え、便秘、下肢のむくみ
    ・スカートが回る
    ・左右の足の長さが違う
    ・生理痛がひどい
    ・股関節が痛い、硬い
    ・まっすぐ歩けない、立てない
    ・肩のラインが水平でない
    ・顔が傾いている
    ・ヒールを日常的に履いている
    などの心当たりのある人はもしかした骨盤が歪んでいるかもしれません。骨盤が歪む先天的な原因のある方は矯正が難しい場合があります。
    脊柱側弯、臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼、膝や足首の関節の左右差、下肢骨の長さの違いなどは手技療法では治らない先天的な変形では骨盤は綺麗に矯正できません。ただし、美的な矯正はできなくても歪み由来の冷え性などの機能低下は改善できることもあります。

    骨盤が歪むとなにが悪い?

    女性は妊娠や出産に備え男性よりも靱帯が軟らかく、姿勢不良や運動不足、腰痛などにより 骨盤周辺の筋力が低下したり、偏ったりして筋肉や骨格のバランスを崩し仙骨から出ている骨盤内臓神経(子宮や卵巣の働きをコントロールする神経)などの働きを低下させ、生理痛・生理不順・不妊の原因になると考えられています。
    さらに下半身への血流障害、神経圧迫など冷え性の原因を作り、土台である骨盤が傾斜することにより、上半身のバランスを崩して腰痛、肩こり、頭痛などの慢性症状も引き起こすことがあります。

    case1   ヒールの高い靴

    ・ヒールの高い靴を履き続けると、骨盤は前傾して腰が反った状態になります。
    このため腹筋が弱くなり下腹がポッコリ出てしまう。

    ・腰の筋肉が硬くなり腰椎(腰の部分の背骨)の前彎が助長され筋肉疲労を起こしやすく腰痛などの症状や背中の筋肉が弱り猫背を助長します。

    ・歩く歩幅も狭くなり足の筋肉をあまり使わないことにより脂肪がつきやすく痩せにくい体質になってしまいます

  • case2  座位の姿勢(足を組む・正座を崩すetc)

    デスクワークなどで長時間足を組んでいると骨盤が回旋(骨盤の捻れ)し背骨が歪んでしまいします。 これを長年放置していると下半身の血行や神経の働きを低下させ、冷え性や下半身が太く痩せづらいなどの症状を助長します。

    腰の筋肉の柔軟性に左右差が生じ、腰椎(腰の部分の背骨)が回旋(捻れ)したままブロックして 背骨が曲がり筋肉性・関節性の腰痛を生じるようになります。

    骨盤が傾き回旋すると背骨が歪みが生じて、肩のラインが水平に保てなくなり肩掛けバックがずり落ちたり 証明写真などを見ると頭が傾いていたり、顔が歪む(顎関節の歪み)歯のかみ合わせが悪くなったり、頭が傾斜して片方の肩や首の負担が多くなりにコリが生まれ、頑固な肩こりや頭痛などの症状が出やすくなります。

    case3  立位の姿勢(片足立ち)

    片足に重心を掛けて立つと、足・お尻・腰などの筋肉が片方だけ硬くなり骨盤を傾斜させてしまいます。これにより脚長差(足の長さ)が変わりスカートが回ってしまったり、パンツスタイルで裾の長さの違いが生じます。

    片足加重に加えさらに足のつま先を内側に向けて立つと、膝裏の靱帯が緩くなり反長膝を助長して O脚を進行させたりします。(特に柔軟性の高い女性は要注意です)

    女性のお悩みに効果的な骨盤矯正のおすすめ

    二人目不妊に対する骨盤矯正

    もともと骨盤矯正は美容や健康・ダイエット目的で注目される以前は不妊や不育症(流産体質)で悩む人たちが多く、不妊治療や漢方療法などの保管的な役割を果たしてきました。
    実際どのような効果が期待できるのでしょうか?

    骨盤内臓神経の働きを高める

    自律神経系に働きかけ、子宮系の循環を改善して機能を発揮させることによる妊娠体質を目指します。

    大腰筋・腸腰筋の冷えを改善する(コアマッスルなどと呼ぶ事もある)

    これら骨盤の内側にある筋肉のバランスを取り骨盤を矯正するとともに筋肉の血流を改善させる。
    ※コアマッスルの機能低下は胃腸や子宮系の熱を奪い内臓や下肢の冷えを助長してしまいます。

    これらを約すると骨盤矯正や骨盤のケアを定期的に行うことで、冷え性を改善することによりさまざま効果が期待できるのです。
    骨盤矯正を受けた後に妊娠される方が多く存在するのは事実です。

    ※ただし、医療機関による不妊治療があくまでファーストチョイスです。
    まだまだ、不妊治療に抵抗を感じる人も多いのが現状ですが不妊治療という考え方を捨てて、妊娠治療と捉えた方がいいと思います。
    骨盤矯正は不妊治療の代替えではなく、不妊治療を補完する整体療法です。

    美容目的の骨盤矯正

    女性骨盤ダイエットや歪みの矯正は綺麗な立ち姿やスラットしたシルエットなど美容目的で若い女性やモデルさんなどに人気です。当院はエステではないのでダイエットを前面に打ち出して煽ることは決してしませんが、不妊の件でもご説明しましたが骨盤に長年歪みがあると骨盤の位置を安定させているコアマッスルが機能不全を起こしています。骨盤の歪みを正すとコアマッスルの機能改善がみられ、胃腸や子宮など冷えが改善することがあります。内臓の働きが向上することこそが骨盤矯正の真の効果であり、さまざまな伝説が生まれているのだと思います。

    冷えや便秘、生理痛や腰痛などに対する骨盤矯正

    女性女性に多い冷え性がまさに万病のもと、姿勢不良や痩せすぎによる筋量不足、さらに運動不足など冷えになる原因はたくさんあります。別に骨盤に歪みがなくとも起こることですし骨盤が関係ないこともよくあります。ではなぜ骨盤矯正?これは治すことへの最初のきっかけづくりとして骨盤矯正は最適だと考えています。冷えが原因の内臓機能の低下は自然にはなかなか治癒しないし、長年悩んでいる人が多いのです。私たちは骨盤矯正で腹部のどのあたりに冷えがあるのか大体わかります。そこを効果的にアプローチして体質改善を目指しています。

    骨盤矯正の施術

    1. 骨盤検査&カウンセリング(初回のみ)

    骨盤の歪みや、関節の動きをチェックし、施術法や日常生活の注意事項を丁寧に説明します。

    2. 骨盤の矯正

    骨盤を中心に全身の筋肉をほぐしてバランスを整えます。

    股関節、腰椎(腰の背骨)の矯正

    骨盤矯正(仙骨の調整)

    3. 骨盤の歪みを改善する方法

    骨盤を改善する『体操』『立ち方』『歩き方』の指導します。

    あなたに最適なプランの提案します。

ご予約・お問い合わせ

03-3723-1321

オンライン予約

〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-8-20 自由が丘第一ビル6F
平日 10:00~20:00  土・日・祝 10:00~18:00
定休日/不定休

ページの先頭へ